2009年06月12日

初音ミク

シンセによる音楽製作の世界を久しぶりに覗いてみたら、ボーカロイドの話題がかなり活発ですね

ボーカロイドの象徴的な存在が、初音ミクです
そもそも、ボーカロイドとは、人間の声を参考にして音声を合成したものですが、すごいのは、歌詞を入力すると、そのとおりに歌うと言う点です
現在、簡単に入手できるものには、日本語と英語があります
両方とも対応している製品もあります

当然ながら、女声用と男性用があります

初音ミクは、女声です
そのパッケージやデモ映像などのイメージから、何となくゲームに出てくるかわいい女の子の声というイメージがありますが、工夫次第で何でも出来ます
たとえば、第九を歌わせる事も出来ます
ドイツ語は無理ですが

初音(はつね)ミクが大ヒットした後に、巡音(めぐりね)ルカ、鏡音(かがみね)リン・レンが発売されています
巡音ルカは、ちょっとハスキーな感じで、少し音をさげて無表情にすれば、松任谷由美の曲が合いそうです
鏡音リン・レンは、声の質が違う二人で、デュエットさせるの最適です

しかし、ボーカロイドはあくまでも合成音ですから、そのままでは「いかにも合成です」という風に聞こえます
音と音のつなぎ目を工夫したり、わざと音程をずらしたり、ビブラートのかけ方を微妙に変えたりとかして、人間が歌っている様な感じを出すのが大変そうです
posted by ミム at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカロイド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29750604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック