2009年06月25日

sonar vsの音源

シーケンスソフトを色々と調べて、長所と短所を比べようと思っていましたが、思わすsonar v-stuido 100を買ってしまったので、当分はこの製品のsonar vsについて書いていきます

まず、プラグインとして用意されている音源ですが、ドラム系、ピアノ系、ベース・ギター、ストリングス、後はシンセサイザーのソフト・シミュレーターです

やっとの事で、トラックごとに音源を選んで打ち込みをして音を出すところまで出来る様になりました

慣れてくると、作業がだんだん早くなってきましたね
とりあえず実験的に色々な音源を使ってテスト曲を作りつつあります
やはりドラムセットを自由に使えないのが不便ですね

付属のシミュレーターを使ってリズムトラックを作る事に挑戦してみます

この後、使い方を調べながらやってみるのは、ボーカロイドを取り入れること、全ての音源を使ってみる事、プログラム・チェンジの方法、オーディオファイルに落とす事、オーディオ・トラックとMIDIトラックとの融合、等々、いくらでもあります

毎日、時間が取れるわけではないので、コツコツと少しずつ試してみる事にします

それにしても、イメージの音を自由に表現するまでの道のりは、まだまだ遠いですね
posted by ミム at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30077315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック