2009年07月03日

sonar vsのCPU負荷

何とか試しに作り始めた曲のカッコがついてきました
ところが・・・
トラック数が増えてくると、問題が発生しました
同時発音数が多くなってCPUが追いつかなくなってきました
CPUの負荷が高すぎるということの様です
シーケンス・ソフトは、MIDIデータを打ち込みますが、これらは発音時に、音に変換されます
ひとつの音は、音程・音量・音色・EQ等を計算して波形にします
この作業を10個20個分、一度に指示するとCPUが追いつかなくなるようです
こうなると、正しい音が出なかったり、テンポが崩れたりします
つまり聴く事が出来なくなります

昔のシーケンス・ソフトは、トラック数が少なかったのであまり問題はありませんでした

sonar vsはトラック数の制限は幾つなのか?無制限なのかもしれませんが、つまりとても使いきれる数ではないので、調子に乗って音を積み重ねていくと、あっという間にこの状態になって、音がまともに出なくなります

これを解決する方法は幾つかあるようです

その方法については、少し調べてから報告する事にします
posted by ミム at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30273526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック