2009年07月12日

sonar vsと巡音ルカのコラボ

最初は分からない事だらけでしたが、何とか少しずつsonarを理解しつつあります
やはり、最大の難関はCPUの負荷が大きすぎるという事ですね
今使っているPCは一般的なスペックだと思いますが、同時発生音が増えてくると、苦しくなってきます

そんな中で、プラグインシンセの伴奏で巡音ルカに歌わせて見ました

これは、意外とうまくいきました
sonarで作るバックの音楽と、ルカの歌を同じテンポにしておくと、何も調整しなくてもピッタリとはまります(当たり前と言えば当たり前ですね)

初めて分かったのは、VOCALOIDはトラックは幾つに分けても、発音はひとつという事です

リードのメロとバックコーラスを歌わせようと言う構想ですが、一度には出来ませんでした
正確に言えば、複数の音は出せるのですが、同じ音程では同時に発音出来ないという事です

これは誤算でした

結局、1トラックの歌(MIDI)をオーディオデータに変換してsonarへ送り込み、次のトラックのMIDIデータをまたオーディオデータに変換してsonarへ送らなければなりません

もっと簡単な方法があるのかもしれません

それにしてもVOCALOIDの歌がロボットっぽくなるのを人間らしさを出せるようになるまでには、まだまだ勉強と試行錯誤がいると思います
posted by ミム at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカロイド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30493057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック