2017年01月23日

シーケンサーソフト

シーケンサーというとCubaseが有名です。
現在はDTMシーケンサーと言っても実質はDAWです。
つまりMIDIシーケンサーにオーディオ編集機能も備えたソフトです。

Cubaseはドイツのスタインバーグという会社のソフトです。
スタインバーグは今はヤマハの子会社となっています。

ところで日本のデジタルミュージック界はざっくりヤマハとローランドというビッグ2が大きな影響力を持っています。
ヤマハがスタインバーグを子会社化したのに対して、ローランドは配下のCakewalkをギターメーカーのギブソンに売却しました。
CakewalkはSONARというシーケンサーソフトを販売しています。

世界中で見ると、CubaseとSONARが有名です。
一方、日本で作ったシーケンサーソフトにABILITYがあります。
これは日本のインターネット社が開発したものです。
大昔にミュージ君というソフトがありました。
私も使っていましたが、現在のABILITYはそのミュージ君の後継です。
ただし機能は比較にならないほど多く、かつ便利になっています。

外国製のソフトは基本が英語ですから、使っていてちょっと違和感があります。
その点、ABILITYはしっくりきますね。
VOCALOIDと同期できるところもポイントアップです。
タグ:cubase
posted by ミム at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年07月26日

再び、バンドプロジューサー




前回、使い勝手について書きましたが、調べてみたらほとんど出来る事ばかりでした
つまり、仕様を知らなかったという事です

一度、自動的にコピーされたコードは、後から自分で修正する事が出来ます
このソフトはコード進行のルールを考慮しているので、ひとつのコードを修正すると、その後のコードが自動的に変わる事があります

しかし、コード進行を意識しているのに、苦しくなるととんでもないコードを割り振るところは何となく人間的な気がします

また、このソフトの副産物のようなものを見つけました

バンドプロジューサーは、読み込んだオーディオデータを再生しながら、テンポを人間に入れさせます
その曲の拍をスペースキーを使って入力するのですが、その結果として、曲のテンポが正確に分かります

sonar v-studioの様な、MIDIとオーディオをミックスさせる音楽制作方法の場合、テンポを合わせる事が重要になります

sonar v-studioの場合は、オーディオデータのテンポを後から修正する事が出来ますが、一般的に難しいのではないでしょうか

ですから、曲を作り始める前に、正確なテンポを知る事が重要なのです
バンドプロジューサーのこの様な機能を使わないと、メトロノームでテンポを測ることになり、非常に面倒です

posted by ミム at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年07月24日

バンドプロジューサーにはまりました

現在、試用期間中ですが、色々な曲で試しています



かなり、買いたい気持ちになってきました
コードの変換率はいまいちですね
ピッタリ来るのは80%くらいでしょうか・・・

残りの20%の内、すぐに「本当はこれだ」と分かるものが半分でしょうか

いま、このバンドプロジューサーで欲しいと思う機能は、自分でコードを修正できるようにする事ですね
修正しながら完璧なコード進行にしたいですね

いや、もしかしたら出来るのかもしれません
たぶん、出来るでしょうね

バンドプロジューサーには、センターキャンセルの機能があって、
CDを読み込ませてコードを表示させ、ボーカルをキャンセルして、そこを初音ミクに歌わせるのが、ひそかにはやっているそうです

気持ちはわかるなあ
でも、ボーカロイドに人間っぽく歌わせるのは、結構難しいですよ
posted by ミム at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年07月21日

バンドプロジューサー

KAWAIのバンドプロジューサーと言うソフトがあります
体験版を使ってみました

このソフトは、CD等のオーディオ・データを読み込んでコード進行を自動的に抽出すると言う、ビックリするようなものです

試しにやってみると、確かにかなり正確にコードをコピーしてくれます
しかし、100%ではなくて90%くらいです
それなら満足かと言うと、残りは聴いてみておかしいと思う箇所なので、自分で修正していかなければなりません

使い方によっては耳コピーの手間がかなり省けます

自分で補正できるなら、使えるといって良いでしょう

優れているのは、抽出したコードをMIDIデータに変換して取り出せるという点でしょう
しかし、コードが分かれば、単に音を積み重ねているだけですから当たり前と言えば当たり前です
コードの展開まで考えてくれれば、もっと良いのにと思いました

私のサイト・・・コード進行を参照してください

このソフトを使って、MIDIデータを抽出して、初音ミクに歌わせている人も結構いるそうです
posted by ミム at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年06月20日

sonar v-studio 100

6月に新発売になった、sonar v-studio 100を衝動買いしました
69,800円です
シーケンスソフトの定番と、コード1本で接続できるコントローラー付きです
これだけで音楽が作れるところが良いかなと思いました
多くのプラグインがついていて、かなり自由に音を作れそうです

アマゾンで買い、すぐに送られてきたのでさっそくインストールと接続をして、デモ曲を聴いて見ました

それはそれで良いのですが、自分で曲を作ろうと思ったら・・・これが簡単には行きません
何が何だかさっぱり分からず
発売と同時に買ったので、解説本も出ていません
かなり分厚いガイドがありますが、手に負えません

ミュージ郎が懐かしい

しかし、めげないでコツコツと勉強する覚悟です
posted by ミム at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年06月08日

シーケンスソフト選び

世の中では、双頭といわれているのが、sonarとcubaseです
どちらも持っている機能は同じ様に見えます(使った事ないですけど)
目的や使い方もあmり違わないようです
何が違うか、と比べてみると、ソフト音源でしょうか・・・

Rolandが好きな人はsonar、YAMAHAが好きな人はcubaseを選ぶ事が多いと思います
何故なら両メーカーが後押ししているので、ハードとの相性がsonarはRoland、cubaseはYAMAHAと大体決まっていますから
しかし、どちらでもお互いに使う事は出来るようです

昨日、知りましたが、sonar V-studio 100と言う新製品が、6月下旬に発売になるようです

ちょっと調べてみたら、たちまち欲しくなりました

私は、元々ローランド派だし、最近オーディオとMIDIの融合にも興味あるし、各種のエディターやエフェクト類も面白そうだし、何よりもコスト・パフォーマンスが、かなり良いです

7万円を切る価格になると想定されています
幾つかの販売店で予約の受付を開始しています
思わず、予約しそうになりましたが、今予約すると何か良いことがあるのかと言うと相でもなさそうなので、とりあえずは踏みとどまりました

でも、たぶん買う事になりそうです
posted by ミム at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定

2009年06月02日

SONAR 8

CakewalkのDAWソフト『SONAR』シリーズに、SONAR 8が登場しましたね
定番のソフトですが、バージョン8になりました

SONARの特徴は、多彩なプラグイン・シンセサイザーです
懐かしいものも含めて多くのシンセサイザーの音源をソフトで再現しています

オーディオトラック数やMIDIトラック数は、無制限です

最初はオーディオなんていらない、と思っていましたが、最近はやっぱり欲しいと思うようになりました

価格は、SONAR 8 PRODUCERが、8万5千円〜11万円くらい、
SONAR 8 STUDIOが、4万5千円〜6万5千円くらいです
両者の違いは、ソフトイン・シンセサイザーの種類の違いです
それだけで値段が倍かよ〜と思うかもしれませんが、DTMで一番最初に不満になるのが音色です
何千種類あっても、いつかは不満に思うんですね、不思議と・・・
これらのソフト・シンセの音を聴き比べた訳ではないので、何とも言えませんが、もしどちらかを買うなら実際に聴いてから決めたいですね
たぶん、どこかのHPで聴けると思います(探してないけど)
posted by ミム at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトの選定