2009年07月19日

シンセのフリーズ

ここのところずっとCPUの負荷が高くてまともに音が出ない事で苦しんでいました
マニュアルを良く読み返していたら、シンセのフリーズと言う機能がありました

これは、シンセの操作は出来ませんが、再生時に負荷が軽くなります
そして、何か変更したい時はアンフリーズをすれば元に戻ります

これを使うと、かなりいい感じで、音が詰まったりする事が少なくなりました

例えば、10トラックあったら、全てのトラックをフリーズした状態で再生させます
そして手を加えたいトラックだけをアンフリーズして、修正後に又フリーズするという要領ですね

このやり方で、副産物がありました
それは、MIDIトラックのクリップが分かりにくくて編集がうまく出来なかったのですが、一度フリーズした後にアンフリーズすると、クリップがオーディオ・トラックと同じ様に色分けされて、すごく見やすくなると言う事です

マニュアルを読むと、MIDIトラックでも同じ様に出来るかのように書いてありますが、クリップ編集がうまく出来ませんでした

やり方が悪いのか、そういう仕様なのか、マニュアルがおかしいのか、良くわかりません

とにかく、このフリーズ機能をうまく使っていくとCPU負荷を減らす事が出来るので、外部音源はとりあえず研究しないで、sonar vsのプラグインシンセで、当面がんばってみます
posted by ミム at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年07月09日

sonar vsのリンク・クリップ

なかなかうまく出来なかったリンククリップですが、なんとか不本意ながら出来ました
腑に落ちない個所はありますが・・・

まず、オーディオトラックの場合は、マニュアルどおりに出来ます
使い方としては、CDを読み込みます
そして、気に入った箇所をクリップとします
最初は全小節がひとつのクリップになっているわけで、気に入った箇所を選択してクリップ分割します
そうすると、1音なり1小節なり、がひとつのクリップとなります
そのクリップをコピーの要領で好きな箇所に貼り付ければ、リンククリップが出来ます

MIDIトラックの場合も、やってみるとうまくいくのですが、ここがクリップだよと言う風に明確に分かりません
マニュアルには、色が変わるとか書いてあるのですが・・・

それでも、リンククリップは出来ました
もとの音を変更するとクリップ先も変わります

ここで発見したのは、コピー時に繰り返し指定すると・・・
つまりクリップもとが1小節だとして、これを3回繰り返してリンククリップを作ると、3小節が出来るのですが、ここで元になるクリップを変更すると、作った3小節のうち、最初の小節だけしか変わりません
次の小節は独立したクリップになっているように思えます
マニュアルでは、繰り返し指定でリンククリップを作る事が出来る様に書いてありましたが・・・
posted by ミム at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年07月04日

壁にぶち当たりました

sonar vsで、CPU負荷を軽減するために幾つかの策がありそうだと前回書きました

一番簡単なのは、ハードの音源を使う事です
当然、ソフト音源の様にCPUを使わないから負荷は減ります

次に、MIDIデータを音に変換するのに負荷がかかるわけですから、最初にMIDIデータをオーディオに変換しておくことです
幸いsonar v-studioは、これが得意で、MIDIトラックとオーディオトラックを自由に組み合わせてミックスして音楽を作る事が出来ます
しかも、最初に作ったMIDIトラックをセーブしておけば、作り直すことも出来ます

もうひとつ、リンク・クリップと言うのがあります
実は、ここで引っ掛かって、うまく出来ないので、以下は推測です
リンク・クリップと言うのは、作ったフレーズをクリップと言う固まりとして定義して、それと同じだと宣言するわけです
例えば、4小節同じフレーズが続く場合なら、最初の1小節をひとつのクリップにして、残りの3小節は、リンク・クリップとして、実際にはMIDIデータを作らないわけです
ですから当然CPUがMIDIデータを音に変換する負荷が減る・・・のではないかと推測します
でも、マニュアルには書いてあるのですが、実際にはなかなかうまくいきません
ここで、まる2日引っ掛かっていて、前に進みません

これから、さらにマニュアルを熟読して、ヘルプを見て、挑戦してみます
posted by ミム at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年07月03日

sonar vsのCPU負荷

何とか試しに作り始めた曲のカッコがついてきました
ところが・・・
トラック数が増えてくると、問題が発生しました
同時発音数が多くなってCPUが追いつかなくなってきました
CPUの負荷が高すぎるということの様です
シーケンス・ソフトは、MIDIデータを打ち込みますが、これらは発音時に、音に変換されます
ひとつの音は、音程・音量・音色・EQ等を計算して波形にします
この作業を10個20個分、一度に指示するとCPUが追いつかなくなるようです
こうなると、正しい音が出なかったり、テンポが崩れたりします
つまり聴く事が出来なくなります

昔のシーケンス・ソフトは、トラック数が少なかったのであまり問題はありませんでした

sonar vsはトラック数の制限は幾つなのか?無制限なのかもしれませんが、つまりとても使いきれる数ではないので、調子に乗って音を積み重ねていくと、あっという間にこの状態になって、音がまともに出なくなります

これを解決する方法は幾つかあるようです

その方法については、少し調べてから報告する事にします
posted by ミム at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年06月28日

sonar VSの打ち込み

sonar vsを買ってから1週間くらいですが、やっとある程度のスピードで打ち込みを出来る様になってきました
今のところ一番やりやすい方法は、次の様な方法です
まず、譜面トラックで、八分音符で打ち込みます
音符の長さを合わせるのは面倒なので、全部八分音符です
次にピアノトラックに変えます
そして、音の長さを調整していきます
一つ一つの音を簡単に伸ばしたり縮めたり出来ます
譜面だと、八分音符を四分音符に変えるのは結構面倒です


このブログを作り始めたときは、色々なDTM関連の製品を調べて整理したいと思っていました
しかし、sonar v-studioを買ってからは、それを使いこなすのに目一杯になってしまいました

さらに、その時に一番関心があることを書いているので、全然流れがスムーズで無くなってしまいました

構わずにどんどん書いて、後で整理してあらためてサイトを作る事にしました
posted by ミム at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年06月25日

sonar vsの音源

シーケンスソフトを色々と調べて、長所と短所を比べようと思っていましたが、思わすsonar v-stuido 100を買ってしまったので、当分はこの製品のsonar vsについて書いていきます

まず、プラグインとして用意されている音源ですが、ドラム系、ピアノ系、ベース・ギター、ストリングス、後はシンセサイザーのソフト・シミュレーターです

やっとの事で、トラックごとに音源を選んで打ち込みをして音を出すところまで出来る様になりました

慣れてくると、作業がだんだん早くなってきましたね
とりあえず実験的に色々な音源を使ってテスト曲を作りつつあります
やはりドラムセットを自由に使えないのが不便ですね

付属のシミュレーターを使ってリズムトラックを作る事に挑戦してみます

この後、使い方を調べながらやってみるのは、ボーカロイドを取り入れること、全ての音源を使ってみる事、プログラム・チェンジの方法、オーディオファイルに落とす事、オーディオ・トラックとMIDIトラックとの融合、等々、いくらでもあります

毎日、時間が取れるわけではないので、コツコツと少しずつ試してみる事にします

それにしても、イメージの音を自由に表現するまでの道のりは、まだまだ遠いですね
posted by ミム at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs

2009年06月21日

sonar vsのリズムトラック

悪戦苦闘して、何とか自分でsonar vsを使って打ち込みが出来る様になりました
詳細は後日に譲るとして、衝撃の事実を発見しました

sonar vsには、Studio Instruments Drum Kitというプラグインが付属しています
これは、一つ一つの楽器をここに音質を調整できると言う優れものです
かなり自分好みの音を作れます
しかし、どうも自分で打ち込みが出来ないらしいという事が分かりました
今後の音楽製作はリズム中心で行こうかなあと漠然と考えていたので、ショックです
つまり、プリセットされたリズムを組み合わせて使うと言う方法でドラムセクションを作っていくしかないという事です

もっと調べていけば、手があるかもしれません
今のところは、各楽器の音量で調整していく方法でやろうと思っています
つまり、キック・ハイハット・スネア・タム3種・シンバル2種、の8種類の音を使えますが、プリセットのリズムを使い、不要な楽器の音量を下げる(またはゼロにする)と言う方法です

しかし、これは疲れます

何とかうまい方法を調べてみる事にしました
posted by ミム at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | sonar vs